この茶筅は、日本製です。外国のすぐに穂先のひろがる粗悪品では、ありません。
日本一の生産を誇る奈良県の高山(陽竹園)製の煤竹で作られています。
厳選された竹のみを使用し、80本に束ねました。泡立ちも良く、多くのお客様にご利用されています。

歴史は
室町時代中期、高山の城主の次男(そうさい)がその称名寺住職・村田珠光の依頼によって作ったのが始まりと伝えらえられる。後土御門天皇の行幸の際にこれを献上し「高穂」の名称も賜わった。(そうさい)は以後、城主一族にその製法を秘伝として伝え、代々「一子相伝」の技とした。後に、高山家は没落したが、その秘伝は十六名の家臣によって脈々と伝えられて現在に至り、今では全国一の茶筅の里となった。


懐紙・茶筅は、ここをクリックして下さい。